青木サービスのこだわり栽培 肥料を作る青木サービスならではのこだわり栽培方法をご紹介します!

よい土をつくり、栽培品種にあった育成方法とちょっとしたコツでよりよい成育が出来ます。ここでは、私たち肥料のエキスパートである「青木サービス」のスタッフによるこだわりの栽培方法をご紹介します。

様々な栽培方法と農薬と肥料について

一口に栽培と言っても「有機栽培」「無農薬栽培」「減農薬栽培」「無化学肥料栽培」「減化学肥料栽培」「減農薬無化学肥料栽培」「無農薬減化学肥料栽培」「減農薬減化学肥料栽培」など数多くの栽培方法があります。
これらの栽培方法にはそれぞれの長所や短所があり、その土地、土、品種によって使い分けることで上手に成育することが可能です。
今回はその中でも「有機栽培」と「無農薬栽培」については右側で説明しています。
農薬を使ったから「○○栽培」と呼んだり、「無農薬栽培」と記載されているが化学肥料は使ってある。と大変複雑です。
買い物の際には色々と表示をみて、体によい商品を選びたいですね。
青木サービスでは作物の成育にも体にもよい作物の作り方、肥料などをご紹介します。

有機栽培 無農薬栽培
こだわり栽培
土から育てる栽培方法

成育に欠かすことの出来ない「土」。
土の状態でより元気な作物を成育することができます。
自然農法では土中の栄養分を使い切ってしまうこともあるので、土壌への負担も軽減することで、次回の成育も可能となる様な土づくりから始めましょう。
土づくり?となると思いますが、簡単に土と肥料を理想的な割合で混ぜ合わせることで、理想の土(土壌)を作ることが可能です。

Point2
肥料を与えるタイミングと量

成育に欠かすことの出来ない「土」。
土の状態でより元気な作物を成育することができます。
自然農法では土中の栄養分を使い切ってしまうこともあるので、土壌への負担も軽減することで、次回の成育も可能となる様な土づくりから始めましょう。
土づくり?となると思いますが、簡単に土と肥料を理想的な割合で混ぜ合わせることで、理想の土(土壌)を作ることが可能です。

Point3
与える水の量と頻度

成育に欠かすことの出来ない「土」。
土の状態でより元気な作物を成育することができます。
自然農法では土中の栄養分を使い切ってしまうこともあるので、土壌への負担も軽減することで、次回の成育も可能となる様な土づくりから始めましょう。
土づくり?となると思いますが、簡単に土と肥料を理想的な割合で混ぜ合わせることで、理想の土(土壌)を作ることが可能です。

Point4